花作業始まる

花作業

造園業の前田さんはまちづくりのNPOをしています。2003年から商店街のプランターの花植えを始めました。
町を花でいっぱいにしたいのが、前田さんの夢。160もあるプランターを一人で水やりをしていたのですが、とても人手が足りません。

どうしたものかと考えているとき、選挙の合同立会演説会に参加。するとボランティアをやっている若い男性たちがいます。
「こんな人たちに手伝ってもらったらいいわ!どこのグループなの?SAN Net?」。

そしてSAN Netがに出会い、私たちが手伝うことになりました。手伝うなかで前田さんと仲良しになってきました。
宅配も、花作業も、当事者が街に出て、人と出会い、見つけてきた仕事なのです。
仕事を通じて、「きれいに咲いているね」「手をかけると違うね」とまた町の人と出会うのです。