サンネット スタッフのあれこれ

2012年4月26日

道の終わりに!

Filed under: つぶやき — SANNETSTAFF @ 8:38 PM

 

田代平

  国立松ヶ丘保養園に宅配があった。また3文字の難しくて読めない苗字。管理棟が改修され、事務所や窓口も変わり、どこへ行ったらいいか分からず前回は郵便屋さんに聞いたら、郵便屋さんも分からなかった。

  今回は伝票に寮の名前があったので園内の案内図を見て車で行ったが入り口がわからない。ちょっと引き返したら大きな全面ガラス戸の向こうに机に向かう看護師さんが見えた。車から降りて伝票をガラス越しに見せると、引き戸を開けて看護師さんが外へ出てきてくれた。

  「わかりますか?」 「わかります」 「どこから入ればいいかな」 「裏に行って丸いところを・・・わかるかな?いいです案内します。後をついてきて」

 看護師さんが急に駆け出した。わたしは車に飛び乗り後を追った。100メートルは走っただろう。後ろ姿が凛々しい看護師さんだった。「はいここですよ」「どうしますか?管理室で渡してもらいますか、それとも・・・?」「代引きなので直接渡せたら・・・」「じゃここから」寮の入り口にスリッパを並べてくださり、部屋の前まで案内してくださった。

  メンバーとわたしと二人で入った。「〇〇〇さん宅配来たよ」「じゃ・・・」看護師さんは駆け足であっという間に消えていった。

  「お菓子持って来ましたよ!」 「今持ってきたが、はやぐ食いだくて、きのがらまってだ。」 「楽しみに待ってたんですか、すみませんね。じゃこれから楽しんでください。」「昨日注文したんですか?4時過ぎですか」「んだ・・・」「お買い物宅配は4時までお買い上げいただいた商品をその日にお届けするんですよ・・・」とその後は会話がはずんだ。

 代引きなので、「なんぼだ」「・・・・円なります。」「はいちょんど・・・・円オーライOK牧場」とギャグまででた。

  あの電話の向こうにいたご婦人は今日は目の前に、さびしい声は今日は聞こえない。満面の笑顔とギャグでわたしたちを笑わせてくださった。遠い日に思えた明るい声の主に今日会えたのだ。

  玉突きのように偶然が重なり、思わぬ出会いが起きた。もしかして願いがそのような偶然を起こしたのかも。

  どうであれ、電話の向こうの主の彼女はしごく楽しく面白い客人だった。

  今日届けたお菓子は〇〇〇さん夫婦を楽しませ、今はお腹の中だろう。

  そうだ!配達を注文してくれた高橋さん(仮名)この出会いをありがとう!(aoi)

2012年4月17日

デジタルな出会いでアナログなお仕事!

Filed under: つぶやき — SANNETSTAFF @ 11:26 PM

表参道青山アパート

 東京へ行く機会があった。山手線に乗ると皆、手に手にスマートフォーン、座席ではB5サイズのノートパソコンをWiFiでつないでなにやら覗いている。

 東京駅では歩きながら携帯で顧客と打ち合わせをしているビジネスマン、カフェではパソコンを開き見積書を作成しe-mailで送っていた。つり革にぶら下がり揺られながらのんびり窓の外の景色をゆっくり見ているのは自分だけだった。

 表参道では誰の手にもスマフォが、買い物、コミュニケーションからレストラン選びまで手のひらサイズのスマフォが相談役。

  青森に帰ったらネットで弁当の利用申し込みがあった。早速電話するとサンネットまで来てくださり、顔を合わせて今後の打ち合わせをした。出会いはデジタル、その後はアナログで。とっても暖かい時間だった。

 デジタルアナログのハイブリット。青森スローライフ、こんなことができるのかな!?またひとり街の中で声を掛け合える人ができた。ありがたい。さあお弁当気に入っていただけるかな!?お弁当を届けて、声かけをする。「こんにちはお元気ですか」どんなおばあちゃんか楽しみだ!(aoi)

2012年4月7日

Speak Out

Filed under: つぶやき — SANNETSTAFF @ 12:58 AM

合浦海岸春を待つ二人

 SAN NetのSはスピークアウト…どんなことだろう。桃栗三年、わたしが職員になり早3年が過ぎた。わたしには首にちょっとハンディーがある。

 弱さを絆に…首の弱さが助けになり、メンバーといつも二人三脚で仕事をする。一人でできることを二人でやる。これがまた楽しい。スピークアウトは、「I」=わたしを話すこと。弱さをなんとなく知り合い、気を使いながら付き合っていく…ある日ふとしたことで奇跡が起こる。本当は奇跡ではない。心から知りたい、伝えたいそんな思いがわきあがる。…思い切って話してみると、それまでの長い時間がそんな力を醸成する発酵期間だったと知る。すべるように言葉が湧き出て、そして互いに言葉を交わし大切に聞きあう…、そしてその人を知ることとなる。

 宅配や弁当配達、毎回のもくもくとした作業、協同が、二人を一つにする大切な時間だったと知る…そしてそれが三人、四人と広がっていく、そして小さなコミュニティーができる。それは大切なことの始まりだが、弱さを絆に!これはサンネットの車の「because we care」のメッセージだ。今日も事業所の一緒にやる仕事が小さなコミュニティーを生んでいく。この今の時代にあって小さなことだがとっても素敵なことだ。勇気がいるが今日もこう話してみた「わたしは……!?」(aoi)

Powered by WordPress